一台あると便利な業務用の3dプリンターを導入しよう

男女

あると便利なラミネーター

ラミネートとは、一般的に樹脂フィルムによって紙などをコーティングすることです。専用機器は家庭用のものから業務用の大型のものまで数多くあり、なかには機械のレンタルを行っている会社もあります。いざとなった時にはレンタルするのも一つの手段です。

開発の効率化の向上

3Dプリンター

最新機器を使った開発

現在の日本をはじめとする北半球にある国、いわゆる先進国と呼ばれている地域では日々新しいものが登場しており、ものに恵まれていると言えます。これらのように毎日のように新製品が登場する大きな要因となるものが開発を行っている会社の最新機器を使うようになったからということが一つとして挙げられます。その一つであるのが業務用の3dプリンターです。これを開発プロセス中に導入することにより、開発の企画を試作する際に第3の企業に依頼して作成してもらう手間が省けるようになりました。これによって企画書段階でも数回の試作品作成を経てより高品質なものになり、作成者が自信を持って納得できるものを作り上げることができます。市販されている3dプリンターは金額がとても高額であり、個人で購入できる値段ではなく品質もあまり良くないのが現状ではあります。ですが、業務用として販売されている3dプリンターは細かいところまで正確に作ることができるため精度も高いことがから開発過程では期待が持たれています。また、業務用のものですと作成時間にかかる時間も個人用の3dプリンターと比較すると格段と早いペースで印刷することができます。そのため、毎週のように変わっていく市場のペースに合わせて質の良い新製品を送り届けることができるようになると言えます。また、業務用の3dプリンターを使うことで同一社の中のみで開発を行うことができるので、発表前に情報が出ることを防ぐことにもつながります。

優秀企業の実力がそこに

インク

コニカミノルタのデジタルトナーはインクの粒子を小径化、均一化し、より高画質な画像の再現を可能にした高性能トナーです。また、印刷性能だけでなく、使用エネルギーが少なくて済むこともあり、温暖化の原因となる物質の発生を約40%も削減する効果もあるのです。

オフィスに必要な事務機器

複合機

オフィスの事務機器で欠かせないのが複合機です。ミスプリントをなくし、電子化で紙文書を減らせます。多くのオフィスではリースを利用していますが、毎月の支払代金を経費に計上できるからです。購入代金が高いので、リースならゼロ円で導入できるメリットがあります。契約が終了する時には買い取ることもできます。